SkyCivドキュメント

SkyCivソフトウェアのガイド - チュートリアル, ハウツーガイドと技術記事

TechNotes

  1. ホーム
  2. TechNotes
  3. 荷重の組み合わせ
  4. ASCE 7-10 ASD負荷の組み合わせ

ASCE 7-10 ASD負荷の組み合わせ

ASCE 7-10 ASD負荷の組み合わせ

米国では, ASCE 7-10 建築基準法の重要な部分です. 一般的な構造設計の要件に焦点を当てています, 負荷を決定するための手段を提供するだけでなく (デッド, 住む, 土, 洪水, 雪, 雨, 氷, 地震, 風) とそれらの組み合わせ.

許容強度設計 (ASD) 8つの基本的な荷重の組み合わせ方程式が含まれます. これらは、負荷および抵抗係数の設計とは異なります (LRFD負荷の組み合わせ) 独自の荷重組み合わせのセットを持つ.

この記事では、 SkyCivの 自動生成された荷重の組み合わせ機能は、ASCEで指定されている荷重の組み合わせの方程式を満たしています 7-10 ASD.

2.4.1 基本的な組み合わせ

設計コード方程式 デザインコードコメント SkyCiv方程式 SkyCivコメント
D Eq. 2.4.1.1 G
D + L Eq. 2.4.1.2 G + QL
D + (Lr またはSまたはR) Eq. 2.4.1.3 G + QS 負荷タイプQS “雪” に分類されます “雪”, “ルーフライブ”, そして “雨”. この荷重の組み合わせを選択すると、自動的に作成されます 3 の使用による荷重の組み合わせ方程式 “または” 方程式の仕様で.
D + 0.75L + 0.75(Lr またはSまたはR) Eq. 2.4.1.4 G + 0.75QL + 0.75QS 負荷タイプQS “雪” に分類されます “雪”, “ルーフライブ”, そして “雨”. この荷重の組み合わせを選択すると、自動的に作成されます 3 の使用による荷重の組み合わせ方程式 “または” 方程式の仕様で.
D + (0.6Wまたは0.7E) Eq. 2.4.1.5 G + 0.6QW
G + 0.7E
の存在のため “または” 負荷の組み合わせで, それらを表すには、2つの荷重の組み合わせ方程式が必要です. 以来 “風” そして “地震” ロードタイプによってリンクされていません, SkyCivによって2つの別々の方程式が与えられます, Qの場合、方程式を自動生成する代わりにS 積雪タイプ.
D + 0.75L + 0.75(0.6W) + 0.75(Lr またはSまたはR) Eq. 2.4.1.6a G + 0.75QL + 0.45QW + 0.75QS 負荷タイプQS “雪” に分類されます “雪”, “ルーフライブ”, そして “雨”. この荷重の組み合わせを選択すると、自動的に作成されます 3 の使用による荷重の組み合わせ方程式 “または” 方程式の仕様で.
D + 0.75L + 0.75(0.7E) + 0.75S Eq. 2.4.1.6b G + 0.75QL + 0.75QS + 0.525E この荷重の組み合わせを表すのに必要な荷重方程式は1つだけです. Qの存在にもかかわらずS“雪” ロードタイプ, SkyCivによって生成される方程式は1つだけです “雪” サブタイプ.
0.6D + 0.6W Eq. 2.4.1.7 0.6G + 0.6QW
0.6D + 0.7E Eq. 2.4.1.8 0.6G + 0.7E

例: 割り当てられたすべてのロードタイプ

実用的ではありませんが, 9 ロードグループが作成され、すべてに割り当てられました 9 以下に示すようなロードタイプ. これは、荷重の組み合わせから形成される方程式をチェックするために行われます

データシートの結果を以下に示します.

私たちを試してみてください SkyCiv Free Wind Tool 単純な構造の風速と風圧の計算用:

 

この記事は役に立ちましたか?
はい 番号

どのように我々は助けることができます?

トップへ戻る