SkyCivドキュメント

SkyCivソフトウェアのガイド - チュートリアル, ハウツーガイドと技術記事

SkyCiv構造3D

  1. ホーム
  2. SkyCiv構造3D
  3. 荷重の適用
  4. プレストレスト & 熱負荷

プレストレスト & 熱負荷

SkyCiv構造3Dの部材にプレストレストおよび熱荷重を追加する

プレストレス荷重は、上部のナビゲーションバーにアクセスすることにより、いつでもStructural 3Dでアクセスできます。, または, メンバーを右クリック (またはメンバーのグループ) そしてクリック 部材のプリストレス荷重を追加:

ここから, 左側のメニューが開き、モデル内のプレストレス力を入力または編集できます. 必要な入力はメンバーIDです, プレストレス荷重の大きさ (+ 緊張のために, – 圧縮用) この荷重に割り当てる荷重グループ.

ヒント: カンマ区切りのメンバーを入力できます (例えば. 1,2,6) または範囲 (例えば. 3-6) または両方の組み合わせ (例:1,2,3-6) 入力をより簡単かつ迅速に!

提出後, プレストレス荷重はGUIに表示されます, と 青で示されている張力 そして 赤で示された圧縮力:

skyciv s3dのプレストレス荷重のドキュメント

熱負荷

ユーザーは、温度の影響による部材の伸びと収縮をシミュレートするために温度荷重を適用できます。. 計算は、次の熱ひずみ方程式に基づいています。:

ΔL= L0 a (t1 – t0)
どこ, ΔL=長さの変化
α=熱膨張係数 (んんC, 内/内F)
t0 =初期温度 (C, F)
t1 =最終温度 (C, F)

The thermal load is then applied in the software as a strain load in the solving process.

熱負荷の追加

最初, 使用している材料に熱膨張係数を追加することから始めます, 例えば, 以下の例では、 a = 6.5 10-6/°C. これが行われると, 編集にアクセス – 負荷 – 熱負荷をクリックして、次の左側のメニューを開き、熱負荷の入力を入力します (メンバーID, 温度および負荷グループ):

温度荷重が部材に適用されます (プレストレスト荷重のように), ソフトウェアではそのように表示されます:

分析を行った後, ユーザーは、部材の伸びと、構造の残りの部分に加えられるその後の力に気付くでしょう。:

メンバープレストレス荷重を使用したひずみ荷重の追加

軸ひずみ (伸びと収縮) メンバーにプレストレスを使用して適用できます. 部材が収縮している場合、それはプレストレス張力になります, メンバーが伸びている場合、それはプレストレス圧縮になります.

メンバーの長さの変化を計算したら (例えば伸び), プレストレス力は次の関係によって計算されます:

温度効果を使用したプレストレス荷重

 

 

この記事は役に立ちましたか?
はい 番号

どのように我々は助けることができます?

トップへ戻る