SkyCivドキュメント

SkyCivソフトウェアのガイド - チュートリアル, ハウツーガイドと技術記事

  1. ホーム
  2. SkyCiv Load Generator
  3. 風荷重
  4. ASCE 7 風荷重の計算

ASCE 7 風荷重の計算

ASCEでのSkyCiv負荷ジェネレーターの使用 7 風荷重の計算

SkyCiv LoadGeneratorを使用して構造物の風荷重圧力を計算するには, プロセスは、最初にコード参照を定義することです. そこから, ワークフローは、[プロジェクト]タブでパラメータを定義することです, [サイト]タブ, および[建物]タブ, それぞれ. しかしながら, 無料のユーザーは切妻屋根の計算のみを使用できます, トラスタワー, または最大で自立型の壁/頑丈な標識 3 1日あたりに解決. とともに プロフェッショナルアカウントまたは購入することにより スタンドアロンの負荷ジェネレータモジュール, あなたが使用することができます のすべての機能 あなたが望む限りこの計算. これからスタンドアロンモジュールを購入できます リンク.

ASCEに注意してください 7-16 ASCE中にインペリアルおよびメートル法の単位に使用できます 7-10 インペリアルのみに限定されています.

サイトデータ

ユーザーは、SkyCivの無料の風速マップデータベースからいつでも場所ごとの風速を取得できます。. ASCEの使用 7, あなたはただ定義する必要があります リスクカテゴリー 構造のと米国にある住所を入れてください, ASCEかどうかに関係なく 7-10 またはASCE 7-16.

ASCE 7-10 風速マップ
図 1. SkyCiv LoadGeneratorの[サイト]タブ

SkyCivは、ペーパーバックの標準に従って地図をデジタル化しました. これの意味は, サイトの場所を入力するだけで、ソフトウェアがこの入力に基づいて風速を自動的に引き出します. フリーツールで風速を計算できる回数には制限があります. ソフトウェアは、内部補間器を使用して等高線間の値を計算します, 正確な風速が設計で使用されていることを確認します. の サイトの標高 地面標高係数の計算に関連しています, Ke, ASCE 7-16.

次のステップ, を定義することです ばく露カテゴリー 場所と 風向き. 風向パラメータは、風上を取得する際に使用されます (左側) 風下 (右側) 地形係数を計算するための地面の標高, Kzt.

構造データ

構造データと風雪パラメータは異なるアコーディオンに分けられます. 設計風圧を計算するために, 風荷重チェックボックスをチェックする必要があります. 最初に定義する必要があります 構造 あなたが分析している. たった今, ASCEで利用可能な構造 7 以下の通り:

  • 建物 – 次の屋根プロファイルをサポートします:
    • 切妻, ヒップ, モノスロープ (同封, 部分的に囲まれている, または部分的に開いている)
    • トラフ, ピッチ, モノスロープを開く (開いた)
  • トラスタワー
  • 自立型の壁/固体標識
  • ソーラーパネル
[構造]タブ - 負荷ジェネレーター
図 2. 構造データタブ.

のために注意してください 無料ユーザー, 建物には切妻屋根しかありません. すべての構造データ入力が完了したら, クリックすると構造を視覚化できます 3Dレンダリング 右側に.

建物 - 3d
図 3. 3D構造のレンダリング.

次のステップは、ASCEに基づいて選択された構造に応じて風パラメータを定義することです 7. 次の計算を選択できます MWFRS または コンポーネントとクラッディング.

風パラメータ
図 4. 風荷重パラメータ.

結果

すべてのパラメータが定義されたら, [荷重の生成]ボタンをクリックすると、図に示すような結果が得られます。 5 そして 6.

ASCE 7-10 クラッディングゾーン
図 5. 生成された結果の図.
クラッディング圧力
図 6. 計算結果.

詳細な計算

詳細な風荷重計算には、次のユーザーのみがアクセスできます。 プロフェッショナルアカウントユーザー と購入した人 スタンドアロンの負荷ジェネレータモジュール. 計算に使用されるすべてのパラメーターと仮定は、ユーザーに透過的にするためにレポートに表示されます. あなたはこれを通してサンプルの詳細な計算をダウンロードすることができます リンク.

追加のリソースについて, これらのリンクを参照用に使用できます:

 

この記事は役に立ちましたか?
はい 番号

どのように我々は助けることができます?

トップへ戻る