SkyCivドキュメント

SkyCivソフトウェアのガイド - チュートリアル, ハウツーガイドと技術記事

SkyCiv構造3D

  1. ホーム
  2. SkyCiv構造3D
  3. モデリング
  4. グリッド, ペンツールとスナップ

グリッド, ペンツールとスナップ

SkyCiv’s goal is to shorten the time spend modelling your structure with the institution of useful functions in S3D. 次の一連のマウス クリック関数は、モデリング プロセスを合理化することにより、この目標を容易にします。.

から選択できるツールの範囲があります. These can be accessed by clicking the pen icon to launch the following great tools:

ペンアイコンをクリックします グリッドとスナップオプションにアクセスするには

グリッド

グリッドをオンに切り替えて、モデル空間の任意の場所に基準線を表示できます. グリッドは、 描画ツール ここで非常に効果的に:

ユーザー定義のグリッドには多数のコントロールがあります:

  • 平面セレクター – グリッドは、2D 平面ごとに 3 つのトグル ボタンに単純化されています。 (XY, XZ, とYZ). その平面をクリックしてオンとオフを切り替えます.
  • 開始位置The position in the 3D space at which the grid will start at. Use this to pan/move the grid to a position that makes sense for you to work from. In the right (以上) 例, the grid starts from the reference point (0,0,-10).
  • Grid SizeThe size of each small square of the grid. In the right (以上) 例, each small square is 0.5m x 0.5m.
  • Level HeightBy what distance would you like to replicate the grid up? In the right (以上) example there is only 1 レベル, so level height is not applied.
  • Number of LevelsHow many times would you like to replicate the grid up? In the right (以上) example there is only 1 レベル.

With the draw tool toggled on, ユーザーはグリッド上の任意のポイントにカーソルを合わせて、ノードをプロットできます. If the setting 座標を表示スナップ オプション is ticked on, そのグリッド位置の座標が表示されます, ノードがどこに配置されるかがわかります.

ペン ツールとスナップ オプション

スナップは、ノードをプロットし、ペン ツールを使用してメンバーを生成する簡単な方法です。. ホバーするだけ (またはをクリックします) このノードを基準点として定義するノード. 次に、グローバル X に沿ってカーソルを移動します。, そして, または Z 軸で、その軸にスナップします – 赤の点線で表示, 緑, or blue line depending on what axis is being snapped. The snapping tool might also pick up a secondary axis, such as an alignment of another node. To disable that reference node, simply click somewhere that is not snapped or hit Esc.

Here is an example of the pen tool snapping to the global Z-axis, with reference to node 2. It is also picking up a secondary axis of node 5’s Z coordinate:

  • ノードにカーソルを合わせるかクリックします, this will become your 参照ノード, from here you can use the Snap/Grid to plot a node:
  • とともに メンバーを接続する tick-box selected, ノードをドロップすることも、ノードをメンバーとして接続することもできます:
  • Snapping will also detect a secondary axis. 例えば, if you’re traveling across the X-axis of a node, it might pick up other nodes with that same X-axis.
  • [長さ]ボックスには、参照ノードからの距離の長さが自動的に表示されます (したがって、メンバーの長さ). いつでも長さを入力してEnterキーを押すことができます, またはをクリックします, そのメンバーの長さを適用するには.
  • Enter a length and click the (ロック) 長さをロックするアイコン. これで、この長さに固定されたメンバーを作成できます.
  • Snap to a member’s midpoint

The snapping options

  • Snap OnToggles the snapping on and off
  • Show Distance Labelif this option is ticked on it will show the distance of the proposed node from the point of reference (in most cases the length of the proposed member)
  • 座標を表示Show the coordinates of the proposed snap node.
  • Snap Size – 基準点からのスナップの増分を指定してください.

スナップ サイズ コントロール

スナップサイズ 属性は、表示されている構造のサイズを直接変更して、ユーザーが正しい増分に簡単にスナップできるようにします。. 例えば, の小さなスナップ 5 mm は、モデルを操作しやすいサイズに縮小します。. これはいつでも制御でき、次の動作を制御するのに役立ちます:


大きなスナップサイズを持つ非常に小さな構造


This can be fixed by reducing the snap size

この記事は役に立ちましたか?
はい 番号

どのように我々は助けることができます?

トップへ戻る