SkyCivドキュメント

SkyCivソフトウェアのガイド - チュートリアル, ハウツーガイドと技術記事

TechNotes

  1. ホーム
  2. TechNotes
  3. 構造3D
  4. TechTip: S3DにエクスポートするためのRevitモデルの準備

TechTip: S3DにエクスポートするためのRevitモデルの準備

Revitでモデルを準備する, シームレスで完全なデータ転送を保証します

This article is a helpful guide on exporting models from Revit –> を使用したS3D SkyCivプラグイン, または ファイル – インポート – S3Dインターフェースを介したRVT. さまざまな考慮事項があります, but in this guide we’ll focus on the main ones. つまり、:

  1. Revit側に分析モデルがあることを確認してください
  2. アイテムが「構造的」であることを確認します
  3. 部材とプレートを適切に接続する
  4. セクションの定義 (家族)
  5. 材料の定義
  6. サポートの定義 (オプション)
  7. 負荷の定義 (オプション)
  8. IFCのエクスポート
  9. 必要なデータの完全なリスト

1. Revit側に分析モデルがあることを確認してください

分析モデルの作成 – Your model should have Analytical Elements in the form of Beams/Plates etc. If Revit doesn’t have Analytical model generated within itself but only has 3D model, その場合、エクスポートは正しく機能しません. Revitモデルに分析モデルが関連付けられているかどうか、または分析モデルとは何かを確認するには , 次のリンクにアクセスできます:

構造プロジェクトテンプレートと分析モデルの表示について | Revit 2020 | オートデスクナレッジネットワーク

モデルは、Revit分析モデルに基づいて作成されます. そう, テストモデルで, すべてのRevit分析要素がセクション付きでSkyCivにインポートされます, 材料, ノード, これらの要素に割り当てられたオフセットおよびその他の情報. 以下は例です:

Revit分析モデル:

revit analytical model

S3Dにエクスポートした後:

revit analytical model

2. アイテムが「構造的」であることを確認します

これは上記の点と一致しています. すべてのアイテムについて (梁/壁/柱/床), 「構造」のチェックボックスをクリックする必要があります。 “分析モデルを有効にする” 以下に示すように:

revit analytical model

3. メンバーとプレートを適切に接続する

Revit側で見られるもう1つの一般的な問題, メンバーが正しく接続されていないということです, または、建築家にとって意味のある方法で構築されています, ただし、必ずしもエンジニア向けではありません. 正確なRevitモデルを作成する場合 (構造解析の目的で), 同じ論理が適用されます – members/plates need to be connected by nodes. さもないと, 要素が接続されておらず、結果が不正確になります.

ここでは通常、接続性が主な問題です. 例えば, 次のRevitモデルで, 強調表示された垂木と隣接する梁の間に断線があります:

revit analytical model

もう1つの一般的な問題は、モデラーがメンバーを絶対値で移動することです。, Revitオフセット機能を使用するのではなく. メンバーをオフセットすると、要素を接続する共通ノードがまだ存在することが保証されます. 以下は、これが当てはまる場合の例です。:

revit analytical model

この場合, 垂木が梁の上に明示的に配置されているため、メンバーが正しく接続されていません, Revit内でオフセットメンバー関数を使用する代わりに:

revit analytical model注意: この場合, Revitで垂木要素を分割して、梁の張り出し部分が別の部材になるようにすることをお勧めします。.

接続例

メンバー間の適切な接続を確保するため, 例を使用すると役立つ場合があります. 次のモデル, 分析モデルでメンバーが接続されていない:

revit analytical model

ユーザーは、そのメンバーの位置を変更するだけで、緑色のメンバーが紫色のメンバーと同じ終了座標を持つようにして、この接続を修正できます。. あるいは, ユーザーは、Revitの「分析調整」機能を使用することもできます. 以下のステップバイステップガイド:

ステップ 1: 開いた 分析モデルの調整 Revitで:

revit analytical model

ステップ 2: 2つのエンドポイントの間をクリックして、分析リンクを介して接続します:

revit analytical model

これで、メンバーは固定リンクを介して接続されます:

revit analytical model

4. セクションの定義 (家族)

Revitモデルに外部カスタムファミリが関連付けられている場合 (構造フレーミング, コラム, ビームなど. ), 次に、ユーザーはRevitでプロパティを宣言して次のような情報を得る必要があります。:

  1. 断面形状
  2. 構造寸法すなわち. 幅, 深さ, 厚みなど.

これが必要なのは、プラグインがRevit側で提供された情報によってSkyCivの最後に対応するセクションを見つけようとするためです。. 最初に、提供されたプロパティを使用してセクションをマッピングしようとしますが、それができない場合は, その後、プラグインはファミリーの名前のみで再試行します. マップされたSkyCivセクションがまったく見つからない場合, 「未定義」セクションでエクスポートされるため、ユーザーはこれをS3D側で処理できます。.

標準セクションの場合, Revitには適切に定義されたパラメータがあります. ただし、カスタムセクションの場合, 属性/ディメンションが適切に定義されていることを確認する必要があります. 高レベルで, 以下の表は、セクションのタイプと予想される寸法についてのアイデアを提供します:

形状/セクション 寸法/属性 Revitの名前
長方形のセクション 深さ 高さ
中空の長方形のセクション 深さ 高さ
厚さ WallDesignThickness/

WallNominalThickness

外側のフィレット半径 OuterFillet
内側のすみ肉半径 InnerFillet
中空の円形セクション 深さ 直径
厚さ
アイビーム / セクションを形作った トップフランジ幅
トップフランジの厚さ FlangeThickness
下部フランジ幅
下部フランジの厚さ FlangeThickness
全高/奥行き 高さ
ウェブの厚さ WebThickness
半径 ( 該当する場合 ) WebFillet
Tビーム / T字型セクション トップフランジ幅
トップフランジの厚さ FlangeThickness
全高/奥行き 高さ
ウェブの厚さ WebThickness
半径 ( 該当する場合 ) WebFillet
Lビーム / アングルセクション / L字型 下部フランジ幅
底の厚さ WebThickness
全高/奥行き 高さ
フランジの厚さ FlangeThickness
半径 ( 該当する場合 ) WebFillet
チャネルセクション / 帝王切開 トップフランジ幅
トップフランジの厚さ FlangeThickness
下部フランジ幅
下部フランジの厚さ FlangeThickness
ウェブの厚さ WebThickness
半径 ( 該当する場合) WebFillet
全高 / 深さ 高さ
リップドチャンネル 全高/奥行き
トップフランジ幅
トップフランジの厚さ FlangeThickness
下部フランジ幅
ウェブの厚さ
唇の深さ
半径 ( 該当する場合 )
Z字型 / Zセクション 全高 高さ
トップフランジ幅
下部フランジ幅 BottomFlangeLength
ウェブの厚さ WallDesignThickness/

WallNominalThickness

半径 ( 該当する場合) InnerFillet

 

5. 材料の定義

Revitモデルには、セクションに適切なマテリアルが割り当てられている必要があります. 素材がカスタムの場合, 機械的特性が正しく定義されている必要があります, 含む:

  • 弾性係数
  • 密度
  • ポアソン比
  • これを行うと、その材料IDが割り当てられたすべての部材とプレートの材料特性が変更されることに注意してください。 (デザインチェック用)
  • これを行うと、その材料IDが割り当てられたすべての部材とプレートの材料特性が変更されることに注意してください。 (デザインチェック用)
  • 用途によっては他のパラメータが必要になる場合があります (熱係数, せん断弾性率)

6. サポート + 負荷 (オプション)

Revitモデルには境界条件が必要です (サポート) それぞれの要素に対して定義されています. これはエクスポート機能には必要ありませんが、境界条件が存在しない場合, 構造解析は実行できません. この情報はオプションであり、分析可能なモデルをエクスポートする場合にのみ必要です。.

境界条件の場合, 以下の手順に従う必要があります:

7. 負荷と負荷の組み合わせ:

次の荷重をRevitに適用して、次の要素に転送できます (注意: この情報はオプションであり、分析可能なモデルをエクスポートする場合にのみ必要です。)

  • ノード – 点荷重
  • ビーム – 点荷重, 均一に分散された負荷
  • プレート–圧力荷重

Revitモデルで宣言されたすべてのプライマリ荷重ケースは、S3Dの場合と同じように表示されます。.

現在, RevitとS3Dでの負荷の組み合わせの処理方法が異なるため、負荷の組み合わせのエクスポートはサポートされていません。. ただし、S3Dには荷重の組み合わせを自動的に生成する機能があります。または、モデルがS3Dにエクスポートされた後、ユーザーは荷重の組み合わせを定義することもできます。.

8. IFC

今のところ, モデルがRevitにIFCとしてインポートされた場合, その場合、Revit側の解析モデルは含まれません. したがって、エクスポートにはモデルに関連する構造データは含まれません. これは改善されているものです, だから私たちは将来これを持っていることを望んでいます.

9. 必要な情報の完全なリスト

Revitモデルに追加できるデータはたくさんあります, ただし、構造解析を実行するには、以下が最低限必要です。:

  • 会員
    • セクション/ファミリの定義
    • 回転角度
    • 負荷と材料
    • エンドリリース
  • プレート
    • 素材
    • 厚さ
  • 材料
    • Young’s
    • うお座
    • 密度
    • その他 (例えば. 熱負荷をかける場合の熱膨張係数)

この記事は役に立ちましたか?
はい 番号

どのように我々は助けることができます?

トップへ戻る