SkyCivドキュメント

SkyCivソフトウェアのガイド - チュートリアル, ハウツーガイドと技術記事

SkyCiv構造3D

  1. ホーム
  2. SkyCiv構造3D
  3. 入門
  4. 設定

設定

一般設定

The settings of SkyCiv 3D Analysis Software allow you to make changes to the general, 見る, and solver settings of the software. These can be accessed under 設定 上部のナビゲーションバー:

単位設定

These settings can be accessed by clicking the ‘Settingsbutton on the top bar when using SkyCiv Structural 3D. 設定ボックスの上部にある 3 つのタブで、さまざまな設定を切り替えることができます。.

1

  • 単位系: メトリックから選択 (kN, メートル, MPa) インペリアル (キップ, フィート, KSI) 力の単位系, 長さ, と圧力.
  • マテリアル データの変換: これにチェックが入っている場合, 単位系が変更されるたびに、材料データの値が新しい単位系に変換されます.
  • 構造データの変換: これにチェックが入っている場合, 次に、単位系が構造体のデータ値を変更するたびに (材料を除く) 新しい単位系に変換されます.

設定を表示

ビュー設定は、ワイヤーフレーム モデルの表示方法を制御します.

2

  • ワイヤーフレーム プロジェクション: これらのオプションのいずれかを選択して、ワイヤフレーム モデルの現在の投影モード ビューを変更します. 透視図は、より現実的なビューを提供します, ただし、正投影に比べて 3D 座標と長さを視覚化するのは難しい.
  • 逆BMDサイン: This setting reverses the sign convention of the bending moment diagrams in post-processing.
  • ズームセンター: モデル空間が拡大/縮小する場所を変更します. マウスを選択した状態, カーソルがある場所にズームします.
  • 小数点以下の最大桁数: The rounding of all results on diagrams to a specific number of decimal places. デフォルトは 3 小数位.
  • 縦軸: Choose which axis you prefer as the vertical axis (YまたはZ).
  • グラフィックのフォントサイズ: モデル空間のグラフィック ラベルのサイズを変更する. これらにはノード ラベルが含まれます, メンバー ラベル, ラベルをロード, 等.
  • グラフィックの背景色: モデル空間の背景色を変更する.

Note that the visibility settings of the model can be changed within 可視性の設定.

解決設定

これらの設定は通常、ソルバーがモデルの解析の解を計算する方法に関連しています。.

3

On the left you will find ソルバーの一般設定:

  • メンバーごとの評価ポイント: The number of evaluation points used for each member. この値を大きくすると結果の精度は高くなりますが、解決時間と応答性は遅くなります. SkyCivはこれをそのままにしておくことを強くお勧めします 5 より大きな構造と 10 より小さな構造用.
  • ソルバータイムアウト: The maximum time span allowed for the solver to run before timing out (分単位で測定). 構造のサイズに基づいてこれを変更します. 1.5 分がデフォルトであり、ほとんどの構造では十分な時間です。 300 会員.
  • 自動安定化モデル: The solver will attempt to automatically stabilize your model if it has trouble converging due to instabilities. これは、収束に失敗する非線形解析で特に役立ちます。.
  • 自動車修理モデル: If ticked on, そうして 修理モデル function will automatically run before solving to check if the model has issues that may need repairing. It will only check for missing sections and nodes that need merging.
  • Ignore individual load groups: Disregard individual load groups from your model’s envelope results
  • Ignore individual load cases: Disregard individual load cases from your model’s envelope results

Below this section you will find the 固有値ソルバーの設定:

  • Mass Control: Decide what idealized mass system to attribute to your structure during the seismic analysis
  • Eigenvalue Analysis Method: Choose which algorithm you would like to solve for the eigenvalues
  • 動的モード: 動的周波数中にモデルに表示させたい動的モードの数を変更します.
  • よりスムーズなモード形状: 表示される動的形状の精度が向上しますが、解決に時間がかかります. これを有効にしても、通常、動的周波数値には影響しません. 動的解析を実行する場合にのみ適用可能.

On the right you will find the advanced 座屈および非線形ソルバーの設定:

  • より滑らかな座屈形状: Improves the accuracy of the displayed buckling shape but takes longer to solve. Enabling this will この分析は、最初に線形静的分析を実行することによって機能します usually affect buckling values and factors. 座屈解析の実行時にのみ適用可能.
  • パラボリック ジョンソン バックリング: 放物線または J.B の使用を切り替えます. 座屈解析時のジョンソン公式. これは、中程度の長さの柱の座屈解析に対するより保守的なアプローチです。.
  • 収束公差: 非線形ソルバーは、この許容値が満たされるまで計算を続けます。. 数値が小さいほど、残差と変位の収束中により正確な解が得られるため、解くのに時間がかかります。.
  • 変位理論 (小規模または有限): これは、非線形ソルバーの変位理論を制御します。. 有限変位理論は、解析中に構造の完全な動きを考慮し、変位が大きい場合に適しているという点で、大変位理論と似ています。. デフォルトは “構造が非線形の振る舞いを示す場合、非線形または2次の静的解析が適しています” 通常、変位はそれほど重要ではありません – この場合, スモール理論と有限理論の結果は似ているはずです.
  • 非線形効果: 変位理論が変わると, これらのチェックボックスで示されるように、特定の非線形効果が考慮されます. 現時点では P-Delta (非線形解析にはP-Deltaが含まれます), Pデルタ(非線形解析にはP-Deltaが含まれます), 軸短縮効果はユーザーが切り替えることができず、選択した非線形理論に応じて自動的に選択されます.

マウス設定

これらの設定は、モデル空間でのマウス操作の感度を調整します.

4

可視性の設定

可視性の設定により、構造物に表示されるものを制御できます. ますます複雑化する構造 (例えば. 複数のメンバーで, プレート, 負荷), 構造上に提示される情報がますます雑然とする. 表示される情報を選択的にフィルタリングするには, enter the Visibility Settings by clicking the ‘Eyeicon on the right menu:

視認性
There are options to toggle on and off:

  • ノード: toggles the display of Nodes themselves.
  • Node Labels: toggles the display of Node IDs.
  • 会員: toggles the display of Members themselves.
  • Member Labels: toggles the display of Member IDs.
  • プレート: toggles the display of Plates themselves.
  • Plate Labels: toggles the display of Plate IDs.
  • Plate Mesh: toggles the display of Plate Meshes themselves.
  • Plate Mesh Labels: toggles the display of Mesh IDs.
  • 節質量: toggles the display of any 適用 nodal masses.
  • 負荷: 荷重グループにさらに分類された荷重の表示を切り替えます.
  • 等価面積荷重: 適用された面荷重のメンバーの等価荷重分布の表示を切り替えます
  • 比例荷重: 相互の相対値に基づいて比例荷重の表示を切り替えます
  • サポート: サポートの表示を切り替えます.
  • セクション凡例: セクション凡例の表示を切り替えます.
  • かすかな構造: 構造体のメンバーをわずかにフェード.
  • ローカル軸: メンバーローカル軸の表示を切り替えます.
  • 原点軸: ゼロ座標グローバル軸の表示を切り替えます.
  • 3Dホバーのメンバー: 選択時, ワイヤーフレーム メンバーにカーソルを合わせると、かすかな 3D レンダリング バージョンが表示されます.
  • 3Dメンバー: モデルの 3D レンダリング バージョンのオンとオフを切り替える別の方法.
この記事は役に立ちましたか?
はい 番号

どのように我々は助けることができます?

トップへ戻る