SkyCivドキュメント

SkyCivソフトウェアのガイド - チュートリアル, ハウツーガイドと技術記事

  1. ホーム
  2. SkyCiv接続設計
  3. AISCを使用した鋼製接続の設計 360-16
  4. AISC 360: せん断接続の設計例

AISC 360: せん断接続の設計例

AISC接続設計例

AISC接続設計例. AISC接続設計例. AISC接続設計例 360, この記事では、設計例を使用してそれらを説明します. このタイプの接続では, また、を使用してこの例の結果にすばやく到達することもできます。 SkyCiv接続設計 モジュール. 上の追加記事を必ずチェックしてください モーメント接続の設計.

ここに示す計算では、許容応力設計を使用します (ASD) 方法. 構造設計におけるASDとLRFDの違いに精通していない場合, 必ず 私たちのビデオをチェックしてください これを説明する.

AISC接続設計マニュアル

この例では, 以下に示す寸法とボルトを使用して、W16x50梁とW14x90柱の間の単板接続の容量を評価します。. この接続は、ビーム端の反応をサポートできる必要があります.

 

与えられた:

サービスレベルの負荷 & 素材:

デッドロードからの反応 (デッドロードからの反応) = 8.0 キップ
デッドロードからの反応 (デッドロードからの反応) = 25.0 キップ

プレート素材: ASTM A36, Fy = 36 KSI, フー= 58 KSI
梁と柱の材料: ASTMA992, Fy = 50 KSI, フー= 65 KSI

梁と柱の形状:

ビーム: デッドロードからの反応; tw = 0.380 に, d = 16.3 デッドロードからの反応, デッドロードからの反応 0.630 に
カラム: デッドロードからの反応; tf = 0.710 に.
デッドロードからの反応: 1/4 厚く; 4 1/2 xで 11 寸法で

備品 (ボルトと溶接):
(4) – 3/4-に.-標準穴の直径ASTMA325-Nボルト

70-ksi電極フィレット

 

デッドロードからの反応:

LRFD:

デッドロードからの反応 (デッドロードからの反応) = 1.2(8.0 キップ) + 1.6(25.0 キップ) = 49.6 キップ

ASD:

デッドロードからの反応 (アウト) = 8.0 キップ + 25 キップ= 33.0 キップ

3デッドロードからの反応

デッドロードからの反応, デッドロードからの反応 360:

デッドロードからの反応 (デッドロードからの反応)
デッドロードからの反応:デッドロードからの反応: Ω= 1.5

デッドロードからの反応 = (0.6 デッドロードからの反応 / Ω) = [ 0.6 (36 KSI) (0.25 に) 11.5 に / 1.5 ] = 41.4 キップ

設計容量比, DCR:
デッドロードからの反応, デッドロードからの反応 = 33.0 キップ
全体の容量, デッドロードからの反応 = 41.4 キップ
DCR = (33.0 / 41.4) = 0.797, わかった

 

デッドロードからの反応, 溶接強度
フィレット溶接の強度: Ω= 2.0
溶接サイズ, t = 0.1875 に
デッドロードからの反応 = 0.6 デッドロードからの反応

デッドロードからの反応 = 0.6 デッドロードからの反応 [ 1.0 + 0.5 デッドロードからの反応 θ ]
θ デッドロードからの反応
= 90, 横方向に荷重がかかる溶接用
= 0, 縦方向に荷重がかかる溶接用

溶接の単位サイズあたりの強度:溶接の単位サイズあたりの強度:
許容溶接応力, デッドロードからの反応 = [ 0.6 (70) / 2.0 ] = 21 KSI
横方向の長さ, lt = 23 に
縦方向の長さ, ll = 0 に
総有効長, l = lt (1.5) + ll (1.0) = 23 (1.5) + 0 (1.0) = 34.5 に
(アウト / t) = 724.5 キップ / に

有効サイズ (喉) フィレット溶接の, a:
0.707 lt
a = (0.707) t = 0.133 に

アウト = (lt) t = 724.5 (0.133 に) = 96.1 キップ

設計容量比, DCR:
必要な負荷, R = 33.0 キップ
全体の容量, Ra = 96.1 キップ
DCR = (33.0 / 96.1) = 0.344, わかった

 

lt (デッドロードからの反応)
デッドロードからの反応: Ω= 2.0

lt:
lt(s) = 0.875 に (4) = 3.5 に
lt, lt = 11.5 lt [ 0.875 に (4) ] = 8.0 に

デッドロードからの反応 = (0.6 lt / Ω) = [ 0.6 (58 KSI) (0.25 に) 8 に / 2.0 ] = 34.8 キップ

設計容量比, DCR:
デッドロードからの反応, デッドロードからの反応 = 33.0 キップ
全体の容量, デッドロードからの反応 = 34.8 キップ
DCR = (33.0 / 34.8) = 0.948, わかった

 

lt, lt
lt: Ω= 2.0

(アウト / Ω) = (lt / Ω) + 分 [ 0.6 デッドロードからの反応 , 0.6 lt ] / Ω

lt: lt=1.0 (lt)
(lt / Ω) = [ 1.0 (58 KSI) (1.0625 に) (0.25 に) / 2.0 ] = 30.8 lt (0.25 に) = 7.7 キップ

lt: 0.6 デッドロードからの反応
(0.6 デッドロードからの反応 / Ω) = [ 0.6 (36 KSI) (10.25 に) / 2.0 ] (0.25) = 110.7 lt (0.25 に) = 27.7 キップ

lt: 0.6 lt
(0.6 lt / Ω) = [ 0.6 (58 KSI) (7.1875 に) / 2.0 ] (0.25 に) = 125.1 lt (0.25 に) = 31.3 キップ

lt:lt:
(アウト
/ Ω)= 7.7 キップ + 分 [ 27.7 キップ , 31.3 キップ ] = 35.4 キップ

設計容量比, DCR:
デッドロードからの反応, デッドロードからの反応 = 33.0 キップ
全体の容量, デッドロードからの反応 = 35.4 キップ
DCR = (33.0 / 35.4) = 0.933, わかった

 

lt, lt, lt
1. lt: Ω= 2.0

ボルト径= 0.768 に
公称せん断強度, Fnv = 54 KSI
公称せん断強度 (公称せん断強度), 公称せん断強度 = 0.6 Fnv 公称せん断強度 = 0.6 (54 KSI) 0.463 in ^ 2 = 25.0 キップ
(公称せん断強度 / Ω) = 12.5 kips / 公称せん断強度

2. 公称せん断強度: Ω= 2.0
(公称せん断強度)

公称せん断強度, インクルード = 0.84 に
(晴れ)公称せん断強度, 公称せん断強度 = 2.19 に
公称せん断強度, 公称せん断強度:
(公称せん断強度 /
Ω) = (1.2 公称せん断強度 / Ω) ≤ (2.4 公称せん断強度 / Ω)

公称せん断強度 (公称せん断強度), 公称せん断強度 0.84 に:
公称せん断強度 = 1.2 公称せん断強度 t 公称せん断強度 公称せん断強度 (0.84 に) 0.25 に (58 KSI) = 18.4 キップ
(公称せん断強度 / Ω) = 9.2 キップ

公称せん断強度 (公称せん断強度), 公称せん断強度 2.19 に:
公称せん断強度 = 1.2 公称せん断強度 t 公称せん断強度 = 1.2 (2.19 に) 0.25 に (58 KSI) = 47.6 キップ
(公称せん断強度 / Ω) = 23.8 キップ

公称せん断強度 (公称せん断強度):
公称せん断強度 = 2.4 d t 公称せん断強度 = 2.4 (0.8125 に) 0.25 に (58 KSI) = 33.4 キップ
(公称せん断強度 / Ω) = 16.7 キップ

 

以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します 9.2 キップ < 12.5 キップ

3. 以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します
以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します: 以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します, 以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します.

a). 以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します (以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します):
(以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します) , 以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します = 9.2 キップ / 公称せん断強度

b). 以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します (以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します):
(以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します) , 以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します = 12.5 キップ / 公称せん断強度

c). 以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します: 以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します). 以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します).
以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します = 1 (9.2 キップ / 公称せん断強度) + 3 (12.5 キップ / 公称せん断強度) = 46.7 キップ

設計容量比, DCR:
デッドロードからの反応, R = 33.0 キップ
全体の容量, 以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します = 46.7 キップ
DCR = (33.0 / 46.7) = 0.707, わかった

 

以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します (デッドロードからの反応)
デッドロードからの反応: Ω= 2.0

lt:lt:
lt(s) = 0.875 に (4) = 3.5 に
lt, lt 以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します [ 0.875 に (4) ] = 12.8 に

デッドロードからの反応 = (0.6 lt / Ω) = [ 0.6 (58 KSI) (0.38 に) 12.8 / 2.0 ] = 84.6 キップ

設計容量比, DCR:
デッドロードからの反応, デッドロードからの反応 = 33.0 キップ
全体の容量, デッドロードからの反応 = 84.6 キップ
DCR = (33.0 / 84.6) = 0.390, わかった

以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します, 以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します

1. lt: Ω= 2.0
ボルト径= 0.768 に
公称せん断強度, Fnv = 54 KSI
公称せん断強度 (公称せん断強度), 公称せん断強度 = 0.6 Fnv 公称せん断強度 = 0.6 (54 KSI) 0.463 in ^ 2 = 25.0 キップ
(公称せん断強度 / Ω) = 12.5 kips

2. 公称せん断強度: Ω= 2.0
(公称せん断強度)
公称せん断強度, インクルード = 0.84 に
(晴れ) 公称せん断強度, 公称せん断強度 = 2.19 に

公称せん断強度, 公称せん断強度.
(公称せん断強度 / Ω) = (1.2 公称せん断強度 / Ω) ≤ (2.4 公称せん断強度 / Ω)

公称せん断強度 (公称せん断強度), 公称せん断強度 0.84 に:
公称せん断強度 = 1.2 公称せん断強度 t 公称せん断強度 = 1.2(0.84 に) 0.38 に (58 KSI) = 27.9 キップ
(公称せん断強度 / Ω) = 13.9 キップ

公称せん断強度 (公称せん断強度), 公称せん断強度 2.19 に:
公称せん断強度 = 1.2 公称せん断強度 t 公称せん断強度 = 1.2 (2.19 に) 0.38 に (58 KSI) = 72.3 キップ
(公称せん断強度 / Ω) = 36.2 キップ

公称せん断強度 (公称せん断強度):
公称せん断強度 = 2.4 d t 公称せん断強度 = 2.4 (0.8125 に) 0.38 に (58 以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します) = 50.8 キップ
(公称せん断強度 / Ω) = 25.4 キップ

以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します 12.5 キップ < 13.9 キップ

3. 以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します
以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します: 以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します, 以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します.

a). 以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します (以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します):
(以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します), 以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します = 12.5 キップ / 公称せん断強度

b). 以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します (以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します):
(以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します), 以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します = 12.5 キップ / 公称せん断強度

c). 以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します: 以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します). 以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します)
以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します = 12.5 キップ + 3(12.5 キップ) = 50.0 キップ

設計容量比, DCR:
デッドロードからの反応, R = 33.0 キップ
全体の容量, 以来、ベアリングはボルトのせん断を制御します = 50.0 キップ
DCR = (33.0 / 50.0) = 0.660, わかった

= 50.0 kips

あるいは, = 50.0 kips, = 50.0 kips, = 50.0 kips 360 設計マニュアル:

= 50.0 kips, = 50.0 kips, = 50.0 kips, = 50.0 kips, = 50.0 kips, = 50.0 kips

= 50.0 kips, 1/4-に. = 50.0 kips, = 50.0 kips. = 50.0 kips.

= 50.0 kips:

LRFD

= 50.0 kips = 52.2 キップ > 49.6 キップ, わかった

ASD

R= 50.0 kips 34.8 キップ > 33.0 = 50.0 kips, わかった

= 50.0 kips

= 50.0 kips, せん断降伏およびせん断破壊は、コピーされていないセクションを制御しません.

せん断降伏およびせん断破壊は、コピーされていないセクションを制御しません 10-1, せん断降伏およびせん断破壊は、コピーされていないセクションを制御しません, せん断降伏およびせん断破壊は、コピーされていないセクションを制御しません:

LRFD

R= 50.0 kips 351 lt. (0.380 デッドロードからの反応) = 133 キップ > 49.6 せん断降伏およびせん断破壊は、コピーされていないセクションを制御しません, わかった

ASD

R= 50.0 kips 234 lt. (0.380 デッドロードからの反応) = 88.9 キップ > 33.0 = 50.0 kips, わかった


せん断降伏およびせん断破壊は、コピーされていないセクションを制御しません (せん断降伏およびせん断破壊は、コピーされていないセクションを制御しません: せん断降伏およびせん断破壊は、コピーされていないセクションを制御しません ). 同様に, LRFDバージョンの例はこのリンクにあります: せん断降伏およびせん断破壊は、コピーされていないセクションを制御しません.

MicoDalistan製品開発者
ミコダリスタン
製品開発者
ベン (民事)

せん断降伏およびせん断破壊は、コピーされていないセクションを制御しません:

AISC 360 仕様構造用鋼製建物
AISC設計例v14.1 (せん断降伏およびせん断破壊は、コピーされていないセクションを制御しません, せん断降伏およびせん断破壊は、コピーされていないセクションを制御しません 61)
SkyCiv接続設計ソフトウェア: https://skyciv.com/structural-software/connection-design/

この記事は役に立ちましたか?
はい 番号

どのように我々は助けることができます?

トップへ戻る