SkyCivドキュメント

SkyCivソフトウェアのガイド - チュートリアル, ハウツーガイドと技術記事

SkyCiv接続設計

  1. ホーム
  2. SkyCiv接続設計
  3. SkyCiv Connection Design Calculatorの使用方法
  4. AISC 360-16 接続
  5. ダブルアングル接続

ダブルアングル接続

ダブル アングル接続は、一部に示されている 5 つの基本的なせん断接続タイプの 1 つです。 10 の 15第 2 版 AISC マニュアル. この接続タイプは、特に梁と柱のウェブ接続で製作者に好まれています.

ダブル アングルせん断接続は 2 つのアングルで構成されます, 梁ウェブの両側に 1 つずつ. これは、ビーム ウェブまたはサポートにボルト締めまたは溶接することができます。. 通常, 梁と柱のウェブ接続, アングルはビームに溶接され、サポートにボルトで固定されています. This combination requires a somewhat smaller leg angle which is ideal if the allowable space inside the column web is limited since you don’t need a larger clearance for bolt fitting as compared to an all-bolted connection. An all-bolted double angle connection is usually preferred at beam to girder configuration especially if a single angle connection won’t work since it will have double the capacity.

The double angle shear connection is favored for its ease of installation. It can be put together in the field using basic tools and equipment and doesn’t require special fabrication. This makes it a popular option in construction projects.

しかしながら, designing the double angle shear connection requires attention to several factors. AISC provides detailed guidelines that take into account the load capacity, bolt spacing, エッジ距離, shear deformation, and bending deformation to determine the allowable loads for different bolt and angle sizes and grades.

Spacing between bolts is critical to the connection’s performance, as too few bolts can lead to overstressed bolts and angles, while too many bolts can be unnecessarily costly and difficult to install. さらに, distances between the angle and beam flange edge, as well as distances between adjacent bolts, 材料の過度の応力を防ぎ、適切な荷重伝達を確保するために選択する必要があります.

ダブルアングルせん断接続は、せん断および曲げ変形を経験できます, which can result in the rotation of the angles and loss of load capacity or excessive stress on the bolts and angles. AISC ガイドラインは、これらの変形の影響を計算して制限する式を提供します。.

AISC は、さまざまなビーム タイプおよび荷重条件でのダブル アングル せん断接続の使用に関するガイドラインも提供します。. 例えば, the guidelines for connections in simply supported beams differ from those for continuous beams.

The double angle shear connection is a valuable connection type in the construction industry. しかしながら, careful consideration of the factors mentioned above is necessary to ensure its safe and effective performance. Following AISC’s guidelines when designing and installing this connection type is essential to optimize its performance.

ダブルアングル接続, 接続設計

無料ツールを今すぐお試しください!

Check how we design our double angle connections using our 無料の鉄骨接続設計電卓! より多くの機能を使用するには, 今すぐ Structural 3D ソフトウェアにサインアップして開始してください!

接続設計スタンドアロン?

接続設計モジュールのみを使用したい? スタンドアロン価格については、下のボタンをクリックしてください!

今すぐソフトウェアを使用する.

ダブルアングル接続, 接続設計

設計コードはAISCにすることができます 360-16 ASDまたはLRFD. 単位はイングリッシュ/インペリアルまたはSI/メトリック. 方向は BCF のいずれかです, BCWまたはBBW. 詳細については、ツールチップにカーソルを合わせてください. 今すぐクリックしてください “ダブルアングル” タイル.

[プロジェクト]タブ

ダブルアングル接続, 接続設計

ここでは、現在取り組んでいるプロジェクトの詳細を指定できます.

アセンブリ タブ

[アセンブリ] の下に 3 つのタブがあります. ここで列を指定します, ビーム, と接続 (ダブルアングル) プロパティ.

列タブ

ダブルアングル接続, 接続設計

ここでは、柱の断面/形状とその材料グレードを指定できます. A992 または A36 材料を選択できます. でも違う素材を使うなら, [カスタム] を選択して、Fy と Fu の値を手動で入力できます.

梁タブ

ダブルアングル接続, 接続設計

列タブと同様, ここでは、梁の断面/形状と材料グレードを指定できます. 加えて, コープ寸法とビームクリアランスを指定することもできます.

接続タブ

ダブルアングル接続, 接続設計

ここでは、倍角のプロパティを指定できます. A36またはA992の材料グレードですが、指定することもできます “カスタム” Fy と Fu を手入力する. セクションのサイズと長さを設定する. 選択した角度サイズの脚のサイズが異なる場合は、脚を切り替えることもできます。. BCWの場合, it is ideal to have the shorter leg attached to the column side since there is a very limited space there. Now don’t forget to look closely at the 3D renderer and make sure the angle dimensions make sense. Angle height should be within the beam depth and total angle width should not exceed the column T-dimension or the clear web depth.

備品 1 タブ

ダブルアングル接続, 接続設計

Here is where you can specify the angle to beam web connection. ボルト固定または溶接のいずれかを選択できますが、このデモンストレーションでは, let’s choose a welded one. 述べたように, for BCW, a welded/bolted double angle connection is ideal due to the column webs limited space.

最初, 溶接材料を指定してください. 溶接材料のオプションはいくつかありますが、既存の材料が存在しない場合は、, 「カスタム」を使用できます’ そして手動でFnwを入力してください. そして最後に, 溶接サイズを忘れないでください. Make sure the weld size is not larger than the angle thickness as there will be no room to complete the weld if so.

備品 2 タブ

ダブルアングル接続, 接続設計

Here is where you can specify the angle to support (桁ウェブ, 柱フランジ, またはコラムウェブ) 繋がり. You can either choose bolted or welded but for demonstration, let’s choose bolted here.

最初, specify the bolt hole types at both beam and angle. 製造者は通常、標準の穴を使用することを好みます (STD) at member and horizontal short-slotted (HSSL) holes at angle to allow better fitting at the field.

次, ボルトの材質またはグレードを選択してください. A307のどちらかを選択できます, A325, A490, またはカスタム入力. N対Xに関しては, X はより大きなボルトせん断能力を持っていますが、ボルトのねじ山がせん断面から除外されていることを確認する必要があるため、これをエレクターと適切に伝える必要があります。.

次, ボルトの直径を指定してください. 5/8からお選びいただけます″ 1-1/2まで″ 直径または同等のメートル単位. その後, ボルトの配置を指定してください. まで選択できます 12 行と列をボルトで固定する. ボルトの行と列の間隔も忘れずに指定してください. ここにヒントがあります, より多くのボルト容量が必要な場合は、ボルトの数を増やす代わりに、より大きなボルト間隔を使用できます. プレートの高さが適切で、許容されるビームの深さの範囲内であることを確認してください. 私たちのボルトグループの強みは、 瞬時回転中心法 (ICOR), これは、任意のボルト間隔を指定して、ボルト容量の増加を利用できることを意味します. しかし, 製造業者が可変ボルト間隔に問題がないことを確認する必要があります. 一部の製造業者は 3 を使用することを好みます″ 典型的な間隔. に関しては “縁” 入力, this is the horizontal distance from the center of the beam to the nearest bolt.

「荷重」タブ

ダブルアングル接続, 接続設計

「Fy」に垂直せん断荷重を忘れずに入力してください。.

「分析」タブ

ダブルアングル接続, 接続設計

そして最後に, クリック “デザインチェックを実行する”. 前のタブで必要な入力を見逃した場合, これにより、不足している入力を埋めるように通知されます.

ダブルアングル接続, 接続設計

クリックした後 “デザインチェックを実行する”, 接続が失敗したかどうかの概要を確認できます. 失敗した場合, 前のタブの入力を手動で変更してから、, クリック “設計チェックを再実行する”. ようやく大丈夫になったら, クリック “計算レポートの取得” 詳細レポートを見るには.

ダブルアングル接続, 接続設計

上に表示されているのは、詳細な計算レポートの一部です。. ご覧のように, AISC マニュアルおよび/または仕様への参照がある. これにより、署名エンジニアが計算をクロスチェックしやすくなります。. 私たちの計算は非常に読みやすいです. 説明書に書いてあることと同じように書いてあります, 仕様, またはデザインガイド.

詳細な計算レポート全体の PDF コピーはこちらです… 接続設計レポート. 見てみな!

無料ツールを今すぐお試しください!

Check how we design our double angle connections using our 無料の鉄骨接続設計電卓! より多くの機能を使用するには, 今すぐ Structural 3D ソフトウェアにサインアップして開始してください!

この記事は役に立ちましたか?
はい 番号

どのように我々は助けることができます?

トップへ戻る