SkyCivドキュメント

SkyCivソフトウェアのガイド - チュートリアル, ハウツーガイドと技術記事

SkyCiv構造3D

  1. ホーム
  2. SkyCiv構造3D
  3. モデリング
  4. サポート

サポート

11

構造を拘束するためにサポートを追加する必要があります. サポートが存在しない場合、構造は静的ではなく、解決できません。. 構造は、サポートのいずれかによって、ある時点ですべての方向に拘束される必要があることを覚えておくことが重要です。. つまり. すべての自由度は、少なくとも1つの「F」によって説明される必要があります’ 構造内.

メンバー間のつながりに似ています, サポートには、ノードのどの自由度を制限するかを指定する6桁のコードが与えられます. それぞれの自由度は、いずれかの固定として定義する必要があります ('NS'), リリース済み ('NS') または春('NS'). 自由度は次の順序です:

  • X翻訳
  • Y翻訳
  • Z翻訳
  • X回転
  • Y回転
  • Z回転

がある 3 手紙の種類 (またはリリースの) あなたが使用することができます:

  1. “F” – 修繕 – これは、自由度が完全に固定されており、メンバーがこの力を節点に伝達することを意味します
  2. “R” – リリース済み – この自由度では力は伝達されません
  3. “S” – 春 – 力はある程度の剛性係数で伝達されています. これには追加の入力が必要になります.

ピンサポート (これは、z軸を中心とした回転のみを許可します) コード「FFFFFR’ 一方、ローラー (これにより、z軸を中心とした回転とx方向への移動が可能になります。) コード「RFFFFR」が与えられます.

サポートは、事前設定されたサポートボタンから選択できます. 固定コードとともに, これらには以下が含まれます:

  • 固定サポート – ‘FFFFFF’ – すべての翻訳で修正済み (バツ,そして,と) と回転 (Mx, ぼくの, Mz).
  • ピン留め (ヒンジ) サポート – 'FFFFFR’ – すべての翻訳で修正済み (バツ,そして,と) ただし、z軸を中心に自由に回転できます (この2Dの場合).
  • ローラーサポート (xで) – 'RFFFFR’ – 自由に「ロール」’ x軸に沿って、z軸を中心に回転します.
  • ローラーサポート (yで) – 'FRFFFR’ – 自由に「ロール」’ y軸に沿って、z軸を中心に回転します.
  • 春のサポート (yで) – ‘FSFFFR’ – y並進である程度の力を伝達できるようにするスプリングサポートがあります.

これらの事前構成されたサポート以外のサポートは、手動で入力できます。 “拘束コード” 分野.

サポートが適用される場合, 固定コードは、プロジェクトのグローバル軸に基づいています, 接続されているメンバーのローカル軸ではありません. これらの固定コードの詳細については, 上のブログ記事をご覧ください 固定コード.

和解

集落は、構造物のサポートの動きです. サポート/基礎が完全に圧縮されていない場合に発生する可能性があります, そして土はその周りに落ち着きます. 決済をモデル化するには, 「サポート」メニューをクリックします, 次に、右上の「決済」ボタンをクリックします.
決済は、そのノードでサポートが指定されているノードにのみ適用できます。. 決済の換算またはローテーションの金額は、フォームで指定できます。.
12

スプリングサポート

SkyCivは、任意の方向/回転でスプリングサポートを追加する機能を提供します. ユーザーはスプリングサポートで自由度を部分的に制限できます. これらの修正は、サポートおよびメンバーエンドの修正と同じように機能します, ただし、「R」を追加する代わりに’ ユーザーは自由度を「S」として定義します. だから例えば, 垂直スプリングサポートを追加したい場合, ユーザーは修正コードを追加します “FSFRRR” – 2番目の文字は、平行移動Yの自由度を示します。, だからそれを “S” Y方向に部分的に解放されることを意味します. 注意, RRRは、通常、ローテーションもリリースされるため、一般的な方法で入力されます。.
構造解析ソフトウェアのスプリングサポート

ユーザーが「S」を入力すると” 特定の方向に, 別の入力が表示され、その特定の方向の剛性を入力するようにユーザーに促します. 例えば. ユーザーが垂直ばねを入力した場合 (上記の例のように) の入力 Y剛性 現れる. 剛性入力は次のように入力されます 力/距離 (キップ/フィート, kN / m, 等..) これは基本的に、ばねを所定の距離だけ圧縮するのに必要な力を表します。 (足, メーター).

ばね剛性 (通常は次のように示されます k) c計算される いくつかの異なる方法で (フックの法則に基づく (F /変位), または材料EA / Lに基づく) またはスプリングサポートのメーカーから供給できます.

傾斜したサポート

X-Z平面と平行でないサポートがある場合, 傾斜したサポートを追加できます. これらのサポートは完全に固定または固定されていません, しかし、 “ローラー” 回転面内を自由に移動できるサポート. 傾斜したサポートでの反応結果は、サポートの回転に直交します. 図のように傾斜したサポートボタンをクリックする前に、ノードを選択する必要があります.

傾斜したサポートをモデル化するには, に行く “サポート” メニュー, 次に、傾斜したサポートボタンをクリックします. 傾斜ローラーサポートポップアップが表示されます, 必要なデータを入力してください.

13

この記事は役に立ちましたか?
はい 番号

どのように我々は助けることができます?

トップへ戻る