SkyCivドキュメント

SkyCivソフトウェアのガイド - チュートリアル, ハウツーガイドと技術記事

SkyCiv Load Generator

  1. ホーム
  2. SkyCiv Load Generator
  3. 地震荷重
  4. ASCE 7-16 地震荷重の計算

ASCE 7-16 地震荷重の計算

地上高として – ASCE 7-16 地震荷重の計算

SkyCiv は、ASCE を使用して建物の地震荷重計算を導入します 7-16 等価横力手順. 風荷重と雪荷重のパラメータに加えて, 地震荷重計算は、から得られる地震パラメータを使用します。 私たち. 地質調査 (USGS) ウェブサービス. ユーザーは、構造に最適な地震荷重を取得するために変更できる次のデータを取得します。:

  • 長期移行期間 \( {T}_{L} \)
  • 短期間でのスペクトル応答加速パラメータの設計, \( {S}_{DS} \)
  • 1 秒周期でのスペクトル応答加速パラメーターの設計, \( {S}_{D1} \)
  • マップされた最大考慮地震スペクトル応答加速度パラメータ, \( {S}_{1} \)

とともに プロフェッショナルアカウントまたは購入することにより スタンドアロンの負荷ジェネレータモジュール, のすべての機能を使用できます あなたが望む限りこの計算. これからスタンドアロンモジュールを購入できます リンク.

SkyCiv ロード ジェネレーター UI

図 1. SkyCiv ロード ジェネレーター UI

サイトデータ

風速・地積雪荷重データと合わせて, ユーザーは、から取得した場所の地震パラメータを取得できます USGS Web サービス 構造のリスク カテゴリを定義することにより, サイト クラス, それから場所:

USGS サイトの地震パラメータ

図 2. ASCE 7-16 追加パラメータ (サイト クラス) サイトの地震パラメータを取得するため.

ユーザーは、USGS Web サービスから取得したパラメータを変更して、構造に最適な地震荷重を取得できます.

構造データ

次のステップでは、最初に 構造 あなたが分析している. 現在, 建物, ソーラーパネル, そして 屋上設備 ASCE でサポートされています 7-16.

SkyCiv Load Generator への構造データ入力

図 3. 建物の構造データ入力.

地震データ

地震荷重計算を進めるには, まず、[地震荷重]ボタンの横にあるチェックボックスをオンにする必要があります。. デフォルトでは, これは、すべてのサイトの地震データが定義されているときにチェックされます。.

Skyciv Load Generator の地震荷重チェックボックス

図 4. 地震荷重データのチェックボックス.

建物用

SkyCiv Load Generator の地震荷重パラメータ

図 5. 建物の耐震パラメータ.

必要な地震パラメータ (建物用) 定義されるのは次のとおりです:

  • 構造システム – の値を決定するため \({C}_{t} \) そして \(バツ \) これは、構造のおおよその基本周期を計算する際に使用されます \({T}_{a} \)
  • 構造のおおよその基本周期 \({T}_{a} \) – より適切な地震荷重計算にユーザー定義可能. を使用して計算できます。 SkyCiv S3D – 動的周波数分析.
  • 応答修正係数 \( R \) – デフォルト値は 3.5 より適切な地震結果を得るために修正する必要があります
  • 冗長係数, \( r \) – デフォルト値は 1.0 および変更することができます. ダイヤフラム力の計算に使用
  • フロアウェイト – ベースせん断の垂直分布とダイヤフラム力に使用. 必要なレベルごとのデータは: レベル (指定用), 標高, と重量

構造のおおよその基本周期は、ユーザーのガイドとして自動的に計算されます。 “構造システム” ドロップダウンが変更されました. ユーザーはこの値を自由に編集できます。これは、構造の対応する計算された基礎せん断に影響します。.

屋上設備・構造物用

屋上設備・構造物の地震荷重計算には第2章を使用します。 13 ASCE の非構造コンポーネントの耐震設計要件 7-16.

屋上機器の耐震パラメータ

図 6. 屋上設備・構造物の耐震パラメータ.

必要な地震パラメータ (屋上機器用) 定義されるのは次のとおりです:

  • コンポーネントの重要性要因 \({私}_{p} \) – セクションを参照してください 13.1.3 ASCEの 7. デフォルト値は 1.5.
  • コンポーネントの増幅率, \({a}_{p} \) – 表を参照 13.5-1 または 13.6-1 ASCEの 7. デフォルト値は 2.5.
  • コンポーネントの応答修正係数 \( {R}_{p} \) – 表を参照 13.5-1 または 13.6-1 ASCEの 7. デフォルト値は 1.5.
  • コンポーネントの耐震重量, \( 下部構造土{p} \) – 設計ベースせん断の計算に使用されます.

ソーラーパネル用

自立型の壁/ソリッドサインの手順が利用されます

屋上機器に似ている, 計算には章が使用されます 13 ASCE の非構造コンポーネントの耐震設計要件 7-16.

屋上ソーラーパネルの地震荷重パラメータ

図 7. 屋上ソーラーパネルの耐震パラメータ.

必要な地震パラメータ (屋上ソーラーパネル用) 定義されるのは次のとおりです:

  • コンポーネントの重要性要因 \({私}_{p} \) – セクションを参照してください 13.1.3 ASCEの 7. デフォルト値は 1.5.
  • コンポーネントの増幅率, \({a}_{p} \) – 表を参照 13.5-1 または 13.6-1 ASCEの 7. デフォルト値は 2.5.
  • コンポーネントの応答修正係数 \( {R}_{p} \) – 表を参照 13.5-1 または 13.6-1 ASCEの 7. デフォルト値は 1.5.
  • コンポーネントの耐震重量, \( 下部構造土{p} \) – 設計ベースせん断の計算に使用されます.

地上設置型ソーラーパネル

地上設置型ソーラーパネル用, 実装された地震荷重計算は、第 2 章に基づいています。 15 ASCE の非建築構造物の耐震設計要件 7-16.

地上ソーラーパネルの地震荷重パラメータ

図 8. 地上設置型ソーラーパネルの地震パラメータ.

必要な地震パラメータ (地上設置型ソーラーパネル用) 定義されるのは次のとおりです:

  • 構造のおおよその基本的な時代 \({T}_{a} \) – ユーザー定義の値. を使用して計算できます。 SkyCiv S3D – 動的周波数分析.
  • 応答修正係数 \( {R}_{p} \) – 表を参照 表を参照 15.4-1 そして 15.4-2 ASCEの 7. デフォルト値は 1.5.
  • 耐震重量, \( W \) – 設計ベースせん断の計算に使用されます.

これらのパラメータをすべて定義した後、, 次のステップは、UI の右上にある [荷重の計算] をクリックすることです。.

結果

すべてのパラメータが定義されたら, [荷重の計算] ボタンをクリックすると、次のような結果が得られます。. 地震荷重の結果には、以下に示すように地震荷重を計算する際のパラメータが表示されます。. 集計結果が画面右側に表示されます. その他の結果は詳細レポートに表示されます.

建物

SkyCiv Load Generator からの地震入力と結果

図 9. 計算に使用される地震入力パラメータと計算された基礎せん断.

地震ベースのせん断結果の鉛直分布

図 10. 等価横力手順を使用して計算された地震力.

SkyCiv Load Generator から生成された設計応答スペクトル

図 11. 生成された構造の設計応答スペクトル.

屋上設備・構造物

屋上設備・構造物の地震荷重結果

図 12. 屋上設備・構造物の地震入力パラメータと計算された設計地震力.

ソーラーパネル

屋上太陽光パネルの耐震設計力

図 13. 屋上太陽光パネルの地震入力パラメータと計算された設計地震力.

地上型太陽光パネルの耐震設計力

図 14. 地上設置型太陽光パネルの地震入力パラメータと計算された設計地震力.

詳細な計算

詳細な地震荷重計算は、 プロフェッショナルアカウントユーザー と購入した人 スタンドアロンの負荷ジェネレータモジュール. 計算に使用されるすべてのパラメーターと仮定は、ユーザーに透過的にするためにレポートに表示されます. 次のリンクから詳細な計算のサンプルをダウンロードできます。:

SkyCiv Load Generator からの詳細な地震荷重計算レポート

図 15. SkyCiv Load Generatorから生成された詳細な地震荷重計算.

追加のリソースについて, これらのリンクを参照用に使用できます:

 

この記事は役に立ちましたか?
はい 番号

どのように我々は助けることができます?

トップへ戻る