SkyCivドキュメント

SkyCivソフトウェアのガイド - チュートリアル, ハウツーガイドと技術記事

SkyCiv Load Generator

  1. ホーム
  2. SkyCiv Load Generator
  3. 風荷重
  4. ASCE 7 風荷重の計算 (自立型の壁/固体標識)

ASCE 7 風荷重の計算 (自立型の壁/固体標識)

ASCEでのSkyCiv負荷ジェネレーターの使用 7 自立壁/固体標識の風荷重計算

自立壁または固体標識の風荷重圧力を計算するには, プロセスはASCEを選択することです 7-10 またはASCE 7-16 SkyCivLoadGeneratorの参照コードとして. そこからのワークフローは、左から右のタブにパラメータを定義することです: [プロジェクト]タブ, [サイト]タブ, および[建物]タブ, それぞれ. 自立型の壁または頑丈な標識用, 無料のユーザーは、最大で風荷重を発生させることができます 3 1日あたりの回数. ユーザーは、プロフェッショナルアカウントにサインアップするか、 スタンドアロンの負荷ジェネレータモジュール. SkyCivLoadGeneratorのすべての機能を使用するには. これからスタンドアロンモジュールを購入できます リンク.

ASCEに注意してください 7-16 ASCE中にインペリアルおよびメートル法の単位に使用できます 7-10 インペリアルのみに限定されています.

サイトデータ

風速マップ
図 1. SkyCiv LoadGeneratorの[サイト]タブ

SkyCiv Load Generatorは、場所の設計風速を決定するプロセスを自動化します. リスクカテゴリを定義してサイトアドレスを入力するだけで、ソフトウェアが設計風速を自動的に計算します. しかも, の サイトの標高 is used in calculating the 地面の標高係数, Ke, ASCE 7-16

次のステップ, を定義することです ばく露カテゴリー 場所と 風向き. 風向パラメータは、風上を取得する際に使用されます (左側) 風下 (右側) 地形係数を計算するための地面の標高, Kzt.

日付マウス - 負荷ジェネレータ

図 2. マウスの日付

構造データ

構造データと風雪パラメータは異なるアコーディオンに分けられます. 自立壁の設計風力を計算するため, 風荷重チェックボックスをチェックする必要があります. で自立型の壁/ソリッドサインを選択する必要があります 構造 落ちる.

図 3. 自立壁/ソリッドサインパラメータ.

いつ 壁/標識の上に地面, h, より大きい 壁/サインの垂直寸法, s, 構造は考慮されます 固体記号. さもないと, それは考慮されます 自立壁 計算で. また, 総面積に対する固体面積の比率, e, 間にある必要があります 0 に 1.0. あなたはチェックすることができます 3モデルのDレンダリング クリックしたときの入力パラメータに基づいて 3D [レンダリング]タブ.

風荷重を計算する アコーディオン, あなたはただあるべき構造タイプを選択する必要があります 自立型の壁/固体標識.

結果

すべてのパラメータが定義されたら, [荷重の生成]ボタンをクリックすると、図に示すような結果が得られます。 4 に 6.

図 4. ケースAの表形式の設計力, B, およびC.
図 5. ケースBの設計力.
図 6. ケースCの設計力.

詳細な計算

詳細計算レポートについて, のみ プロフェッショナルアカウントユーザー と購入した人 スタンドアロンの負荷ジェネレータモジュール この機能にアクセスできます. レポートについて, 計算プロセスで使用される仮定とパラメーターを確認できるため、結果のカウンターチェックが容易になります。. しかも, この機能で, あなたはあなたの計算に自信を持つことができます. あなたはこれを通してサンプルの詳細な計算をダウンロードすることができます リンク.

詳細な風レポート
この記事は役に立ちましたか?
はい 番号

どのように我々は助けることができます?

トップへ戻る