SkyCivドキュメント

SkyCivソフトウェアのガイド - チュートリアル, ハウツーガイドと技術記事

SkyCivベースプレートの設計

  1. ホーム
  2. SkyCivベースプレートの設計
  3. AISC & ACI鋼ベースプレートとアンカーロッドの検証

AISC & ACI鋼ベースプレートとアンカーロッドの検証

BaseplateDG#1

図 1: 本 1

Information presented on this page is intended to demonstrate the section design convergence of 2005 AISC 構造用鋼製建物の仕様 provisions for Base Plate and Anchor Rod Design that can be achieved with SkyCiv. すべての例は、以下の参考資料から引用しています。:

本 1: James M. Fisher, Lawrence A. Kliober. Steel Design Guide 1. ベースプレートとアンカーロッドの設計 (第2版), 2006.

最も重要な結果を以下の表で比較します:

本 1 | 章 4.0 Design of Examples

結果
SkyCiv
LFRD
マニュアル
LFRD
skyCiv
ASD
マニュアル
ASD
1. 同心軸用ベースプレート (コンクリートの閉じ込めなし), t = 1.61 1.60 1.47 1.54
2. Concentrix Axail 圧縮荷重用ベースプレート 1.49 1.50 1.49 1.50
3. Available Tensile Strength of a 3/4 に. アンカーロッド 14.38 14.40 9.58 9.6
4. コンクリート埋め込み強度 19.4 19.5 NA NA
5. Column Anchorage for Tensile Loads
6. 小さなモーメントのベースプレートの設計 1.35 1.36 1.39 1.39
7. Large Moment Base Plate Design 1.90 1.90 1.82 1.82
8. Shear Transfer Using Bearing 1.26 1.26 1.26 1.26
9. Shear Lug Design
10. Edge Distance for Shear 32.7 32.7 32.7 32.7
11. Anchor Rod Resisting Combined Tension and Shear 30.09 30.10 20.88 20.11

本 1 | Appendix B

結果
skyCiv
LFRD
マニュアル
ASD
skyCiv
LFRD
マニュアル
ASD
Triangular Pressure Distribution

 

 

例 # 1 Base Plate for Concentric Axial Compressive Load (コンクリートの閉じ込めなし).

参照: 本 1, pp. 31.

説明
A W12x96 column bears on a 24-in x 24-in. concrete pedestal.
Determine the base plate dimensions and thickness for for the given required strength, using the assumption that A2 = A1 (ケースⅠ).

幾何学および材料特性

 

図 2: Base Plate model and material properties of example #1

Detail Inputs (ジオメトリ)
1. Steel Column d = 12.71 bf = 12.16 tw = 0.55 tf = 0.90
2. プレート N = 24 B = 24
3. カラム (Pedestal) N2 = 24 B2 = 24

 

読み込み中
Two static loads cases are considered for LRFD and ASD:

直感的で使いやすい強力な構造工学ソフトウェアの提供に努めています LFRD ASD
MANUAL 700 キップ 430 キップ
SKYCIV 500 キップ 430 キップ

サービスとファクター負荷の組み合わせの結果は、ASCE / SEIを参照して計算されます。 7-10.

分析

分析は、厳格な従来の方法を使用して行われます. See the SkyCiv Base plate Manual for more explanation on using SkyCiv Base Plate.

結果の比較

最も重要な結果を以下の表で比較します:

Detail Results
skyCiv
LFRD
マニュアル
LFRD
skyCiv
ASD
マニュアル
ASD
1. Required Base plate area 421.57 2 422.00 2 421.57 2 422.00 2
2. 不平等 729.30 キップ 729.00 キップ 448.80 キップ 499.00 キップ
3. Base plate plate thickness 1.61 1.60 1.47 1.54

 

例 # 2 Base Plate for Concentric Axial Compressive Load (Using concrete confinement).

参照: 本 1, pp. 32.

説明
A W12x96 column bears on a 24-in x 24-in. concrete pedestal.
Determine the base plate dimensions and thickness for for the given required strength, using the assumption that A1 ≤ A2 ≤ 4A1 (ケースⅢ).

幾何学および材料特性

図 2: Base Plate model and material properties of example #1

Detail Inputs (ジオメトリ)
1. Steel Column d = 12.71 bf = 12.16 tw = 0.55 tf = 0.90
2. プレート N = 16 B = 14
3. カラム (Pedestal) N2 = 24 B2 = 21.6

 

読み込み中
Two static loads cases are considered for LRFD and ASD:

直感的で使いやすい強力な構造工学ソフトウェアの提供に努めています LFRD ASD
MANUAL 700 キップ 430 キップ
SKYCIV 500 キップ 430 キップ

 

サービスとファクター負荷の組み合わせの結果は、ASCE / SEIを参照して計算されます。 7-10.

分析

分析は、厳格な従来の方法を使用して行われます. See the SkyCiv Base plate Manual for more explanation on using SkyCiv Base Plate.

結果の比較

最も重要な結果を以下の表で比較します:

Detail Results
skyCiv
LFRD
マニュアル
LFRD
skyCiv
ASD
マニュアル
ASD
1. Required Base plate area 421.57 2 211.00 2 421.57 2 211.00 2
2. 不平等 729.30 キップ 716.00 キップ 448.80 キップ 400.00 キップ
3. Base plate plate thickness 1.61 1.50 1.47 1.50

例 # 3 Available Tensile of 3/4-in Anchor Rod.

参照: 本 1, pp. 34.

説明
Computation the available tensile strength of a 3/4-in. diameter Anchor Rod using ASTM F1554 Grade 36.

幾何学および材料特性

直感的で使いやすい強力な構造工学ソフトウェアの提供に努めています SKYCIV
Anchor rod code ASTM F1554 Grade 36
直径 3/4 dia.

分析

分析は、厳格な従来の方法を使用して行われます. See the SkyCiv Base plate Manual for more explanation on using SkyCiv Base Plate.

結果の比較

最も重要な結果を以下の表で比較します:

Detail Results
skyCiv
LFRD
マニュアル
LFRD
skyCiv
ASD
マニュアル
ASD
抗張力 14.41 キップ 14.40 キップ 9.61 キップ 9.6 キップ

例 # 4 コンクリート埋め込み強度

参照: 本 1, pp. 34.

説明
Calculating the tensile strength design of the concrete for a single smooth 3/4-in. diameter headed anchor rod with an embedment length of 6 に.

幾何学および材料特性

直感的で使いやすい強力な構造工学ソフトウェアの提供に努めています SKYCIV
コンクリート強度 4000 psi
直径 3/4 dia.
hef 6

分析

分析は、厳格な従来の方法を使用して行われます. See the SkyCiv Base plate Manual for more explanation on using SkyCiv Base Plate.

結果の比較

最も重要な結果を以下の表で比較します:

Detail Results
skyCiv
LFRD
マニュアル
LFRD
skyCiv
ASD
マニュアル
ASD
抗張力 19.52 キップ 19.50 キップ N/A

注意: No equivalent ASD solution to this this check exist on ACI.

 

 

アルバートパモナグ構造エンジニア, 製品開発


アルバートパモナグ, 工学修士
構造エンジニア, 製品開発

 

この記事は役に立ちましたか?
はい 番号

どのように我々は助けることができます?

トップへ戻る