SkyCivドキュメント

SkyCivソフトウェアのガイド - チュートリアル, ハウツーガイドと技術記事

SkyCiv Load Generator

  1. ホーム
  2. SkyCiv Load Generator
  3. 風荷重
  4. 風荷重に対する地形の影響

風荷重に対する地形の影響

このセクションで, 地形係数を計算することにより、構造物の風荷重に対する地形の影響について説明します。 Kzt を使用して ASCE 7-16. 地形係数を計算することにより、構造物の風荷重に対する地形の影響について説明します。.

地形的要因, Kzt

地形係数を計算することにより、構造物の風荷重に対する地形の影響について説明します。 7-16, セクション 26.8 地形係数を計算することにより、構造物の風荷重に対する地形の影響について説明します。, Kzt . 地形係数を計算することにより、構造物の風荷重に対する地形の影響について説明します。:

  • “丘, 丘, 丘 100 丘 (100H) または 2 丘 (3.22 km), 丘. 丘, 丘, 丘”
  • “丘, 丘, 丘 (3.22-km) 丘 2 丘”
  • “建物またはその他の構造物は、図に示すように配置されています. 26.8-1 建物またはその他の構造物は、図に示すように配置されています”
  • 建物またはその他の構造物は、図に示すように配置されていますh ≥ 0.2
  • 建物またはその他の構造物は、図に示すように配置されています 15 フィート (4.5 メートル) 建物またはその他の構造物は、図に示すように配置されています 60 フィート (18 メートル) 建物またはその他の構造物は、図に示すように配置されています.

どこ:
H 建物またはその他の構造物は、図に示すように配置されています, 建物またはその他の構造物は、図に示すように配置されています (メートル).
Lh 建物またはその他の構造物は、図に示すように配置されています, 建物またはその他の構造物は、図に示すように配置されています (メートル).

建物またはその他の構造物は、図に示すように配置されています
建物またはその他の構造物は、図に示すように配置されています

建物またはその他の構造物は、図に示すように配置されています, Kzt 建物またはその他の構造物は、図に示すように配置されています. さもないと, Kzt に等しい 1.0.

ケーススタディ

の計算を説明するために Kzt, の計算を説明するために の計算を説明するために, の計算を説明するために, の計算を説明するために 59457, 米国 (の計算を説明するために: 47.09082818472724, の計算を説明するために:-109.22439642402344) の計算を説明するために の計算を説明するために の計算を説明するために Kzt. の計算を説明するために 露出C の計算を説明するために.

の計算を説明するために (の計算を説明するために, 2021).
の計算を説明するために (の計算を説明するために, 2021).

の計算を説明するために, の計算を説明するために. Googleマップから標高データを取得し、構造物の場所を出発点として設定します (Googleマップから標高データを取得し、構造物の場所を出発点として設定します), Googleマップから標高データを取得し、構造物の場所を出発点として設定します 26.8-1:

Googleマップから標高データを取得し、構造物の場所を出発点として設定します 標高, フィート ロケーション, フィート
構造 5197.18 0
Googleマップから標高データを取得し、構造物の場所を出発点として設定します 4615.73 -7708.69
Googleマップから標高データを取得し、構造物の場所を出発点として設定します 5443.89 -3695.94
中間 5029.81 -5279.76

Googleマップから標高データを取得し、構造物の場所を出発点として設定します, Googleマップから標高データを取得し、構造物の場所を出発点として設定します H, Lh, そして バツ:

Googleマップから標高データを取得し、構造物の場所を出発点として設定します 26.8-1.


H = 828.16 フィート > 60 フィート – Googleマップから標高データを取得し、構造物の場所を出発点として設定します
Lh = 1583.85 フィート – Googleマップから標高データを取得し、構造物の場所を出発点として設定します
バツ = 3695.94 フィート – Googleマップから標高データを取得し、構造物の場所を出発点として設定します (Googleマップから標高データを取得し、構造物の場所を出発点として設定します, 風下にプラス)
H/Lh = 0.5229 > 0.2

風下にプラス, Kzt, 風下にプラス 26.8-1:

Kzt = (1+K1K2K3)2
K2 = 1 – |バツ|/風下にプラスh
K3 = e風下にプラス/Lh

どこ:
K1 風下にプラス.
K2 風下にプラス.
K3 風下にプラス.
バツ 風下にプラス (風下にプラス) 風下にプラス, 建物またはその他の構造物は、図に示すように配置されています (メートル).
=建物またはその他の構造物の場所での地面からの高さ, 建物またはその他の構造物は、図に示すように配置されています (メートル).
μ =建物またはその他の構造物の場所での地面からの高さ.
c =建物またはその他の構造物の場所での地面からの高さ.

=建物またはその他の構造物の場所での地面からの高さ, =建物またはその他の構造物の場所での地面からの高さ 26.8-1, =建物またはその他の構造物の場所での地面からの高さ “2=建物またはその他の構造物の場所での地面からの高さ” しかも, 以来 H/Lh > 0.5, Lh =建物またはその他の構造物の場所での地面からの高さ:

K1/(H/Lh) = 0.85 (露出C)
K1 = 0.425
Lh = 2(828.16) = 1656.32 フィート
c = 2.5
μ風上 = 1.5
μ風下 = 4 (=建物またはその他の構造物の場所での地面からの高さ)

=建物またはその他の構造物の場所での地面からの高さ:

K2 = 1 – |バツ|/風下にプラスh = 1 – |(3695.94)|/(4)(1583.85) = 0.442
K3 = e-=建物またはその他の構造物の場所での地面からの高さh =建物またはその他の構造物の場所での地面からの高さ-(2.5)/(1583.85)

=建物またはその他の構造物の場所での地面からの高さ K3 =建物またはその他の構造物の場所での地面からの高さ. したがって, 対応します Kzt =建物またはその他の構造物の場所での地面からの高さ , =建物またはその他の構造物の場所での地面からの高さ:

, フィート K1 K2 K3 Kzt
0 0.425 0.442 1.000 1.411
10 0.425 0.442 0.985 1.404
20 0.425 0.442 0.970 1.398
30 0.425 0.442 0.956 1.391
40 0.425 0.442 0.941 1.385
50 0.425 0.442 0.927 1.379
60 0.425 0.442 0.913 1.373
70 0.425 0.442 0.900 1.367
80 0.425 0.442 0.886 1.361
90 0.425 0.442 0.873 1.355
100 0.425 0.442 0.860 1.349
=建物またはその他の構造物の場所での地面からの高さ Kzt =建物またはその他の構造物の場所での地面からの高さ 標高.

地上高として, , 地上高として, の Kzt 地上高として.

SkyCiv Load Generator

地上高として, 地上高として Kzt 地上高として. 地上高として 地上高として, を選択 ばく露カテゴリー そして 地上高として 地上高として.

地上高として.
地上高として SkyCiv Load Generator.

地上高として, 地上高として, 地上高として. アルゴリズムは常に正確であるとは限らないため, アルゴリズムは常に正確であるとは限らないため アルゴリズムは常に正確であるとは限らないため そして アルゴリズムは常に正確であるとは限らないため アルゴリズムは常に正確であるとは限らないため. アルゴリズムは常に正確であるとは限らないため.

Kzt アルゴリズムは常に正確であるとは限らないため.

アルゴリズムは常に正確であるとは限らないため Kzt アルゴリズムは常に正確であるとは限らないため SkyCiv Load Generator.

アルゴリズムは常に正確であるとは限らないため Kzt アルゴリズムは常に正確であるとは限らないため SkyCiv Load Generator.
アルゴリズムは常に正確であるとは限らないため Kzt アルゴリズムは常に正確であるとは限らないため SkyCiv Load Generator アルゴリズムは常に正確であるとは限らないため. 同様に, 地形/地形係数もENの場合と同様の方法で計算できます 1991, AS / NZS 1170, NBCC 2015, NSCP 2015, 地形/地形係数もENの場合と同様の方法で計算できます 875.

を使用して 無料の風荷重計算機, あなたは最大の設計風圧を生成することができます 3 1日あたりの回数で、切妻屋根のプロファイルのみに制限されています.

しかしながら, 地形/地形係数もENの場合と同様の方法で計算できます. の スタンドアロンの負荷発生器のみのバージョン これから購入することもできます リンク.

Patrick Aylsworth Garcia 構造エンジニア, 製品開発
パトリック・エイルスワース・ガルシア
構造エンジニア, 製品開発
MS土木工学
LinkedIn

参考文献:

  • 建物およびその他の構造物の最小設計荷重. (2017). ASCE / SEI 7-16. アメリカ土木学会.
  • の計算を説明するために

 

この記事は役に立ちましたか?
はい 番号

どのように我々は助けることができます?

トップへ戻る