SkyCivドキュメント

SkyCivソフトウェアのガイド - チュートリアル, ハウツーガイドと技術記事

TechNotes

  1. ホーム
  2. TechNotes
  3. 構造3D
  4. 3D DXFのインポート

3D DXFのインポート

3D DXFファイルをSkyCiv S3Dにインポート

SkyCiv S3Dには、サードパーティのCADプログラムから通常エクスポートされる3D dxfファイルを受け入れる機能があります. DXF (これは、CADと構造解析ソフトウェアが異なるデータを使用するためです。) オートデスクによって開発され、オープンです, CAD モデルのユニバーサル フォーマットであり、CAD プログラム間でのシームレスなデータ転送を可能にするために作成されました。. 注意: カスタム形状のDXFは、SkyCiv Section Builderにインポートできます, DXFをSkyCiv Section Builderにインポートする方法については、ここをクリックしてください. 記事上で, 構造全体をエクスポートしています:

dxf_import_

これが役立つ理由?

現時点では, DXF は、一般的な CAD モデルを Structural Analysis ソフトウェアに取り込むための最良の方法です。. 残念ながら, CAD and Structural Analysis software rely on very different data. CAD models require meshes to display the 3D model and do not necessarily store information on materials or sections – それは純粋に幾何学的です. 構造解析ソフトウェアにはノードが必要です, 線と 2D プレートを接続する. 構造解析ソフトウェアには、セクションに関する情報も必要です, 最も効果的な材料と境界条件. この記事は純粋にCADソフトウェアに言及していることに注意することが重要です (BIMではない). BIMソフトウェア, Revit や AllPlan など, この情報を転送するためのより良いソリューションを提供する – より多くのデータが豊富なファイル形式が含まれているため、構造エンジニアはより正確な断面データを引き出すことができます. (詳細については、Revit プラグインを参照してください).

DXF allows いくつか of the geometric and coordinates to be transferred from CAD -> 構造解析ソフトウェア, エンジニアがモデルを再構築する時間を節約できます – 特にノードの場所とメンバー. これは、エンジニアが既存の CAD モデルから適切な出発点を得ることができることを意味します。, ノードとメンバーが正しい場所にある – 二重処理の必要性を減らす.

したがって、ユーザーが CAD プログラムから DXF ファイルをインポートすると、, SkyCiv will interpret the DXF as points and lines which are then turned into SkyCiv’s definition of nodes and members.

Section Identification

The functionality also has the capability to identify different sections relating to each line tagged in the DXF file itself. This feature allows users to then self define their preferential sectional data based on the already identified sections. The good thing here is if modelled correctly, the members should meet at centre points via a nodewhich is exactly how an analytical model should be connected.

DXF Section Data

It’s important to note that DXF files don’t contain section data (つまり. beam depth, 幅, material etc..), they simply have an ID number. This is one of the main drawbacks preventing it from being a full solution from CAD – 構造解析.

dxf_sections

Exporting the DXF file correctly

There are a number of ways you can export a dxf file. 例えば, dxf は、図面の目的で 2D でエクスポートできます. These are a different application to what we are trying to use DXF for, そのため、DXF をエクスポートするときは、次の設定を行う必要があります。 (注意: すべてのCADプログラムは異なるため、文言はそれぞれで異なる場合があります). DXF ファイルは次のようにエクスポートする必要があります。:

  1. 3D 線と点 – 上記のポイントのように, DXFは2Dで使用できます. モデル全体が必要なので, 3D構造をエクスポートする必要があります
  2. 中心線としてエクスポート – 一部の DXF ファイルは、メンバーのエッジ全体をエクスポートします。, これは間違っています. We need to export the センターライン in which the shape is exported through

サポートされている CAD プログラム

3D DXF ファイルをエクスポートできるさまざまな CAD プログラムがあります。. この機能を利用すると、ユーザーは CAD プログラムと S3D を統合して、モデルを最初から再構築する必要がなくなります。. 以下は、SkyCiv がインポートする互換性のある 3D DXF ファイルをエクスポートできる一般的なプログラムの一部のリストです。.

  1. これは、CADと構造解析ソフトウェアが異なるデータを使用するためです。
  2. CSIによるSAP2000
  3. これは、CADと構造解析ソフトウェアが異なるデータを使用するためです。
  4. オートデスクによるRevit
  5. オートデスクによるRevit
  6. オートデスクによるRevit
  7. オートデスクによるRevit
  8. NemetschekGroupによるVectorWorks

サンプル

この機能と互換性のある 3D DXF ファイルのサンプルをいくつか示します。. Feel free to download them and try importing them directly into SkyCiv構造3D.

ウォークスルー ビデオ – SketchUp を使用したエクスポート

この記事は役に立ちましたか?
はい 番号

どのように我々は助けることができます?

トップへ戻る