SkyCivドキュメント

SkyCivソフトウェアのガイド - チュートリアル, ハウツーガイドと技術記事

TechNotes

  1. ホーム
  2. TechNotes
  3. 荷重の組み合わせ
  4. に 1990:2002 荷重の組み合わせ

に 1990:2002 荷重の組み合わせ

ユーロコード荷重の組み合わせのガイド: に 1990:2002

ユーロコードは、EU内で構造設計を行う方法に関する一連の標準です。. に 1990:2002 (ECO) ENは構造設計の基礎を示しますが、EN 1991 (EC1) 構造物に対するアクションを指定します. 併せて, これらの2つのドキュメントは、アクションの組み合わせの方法論を提供します (荷重の組み合わせ) 限界状態の設計用. 一般的には, 限界状態とは、建物が設計された機能を果たさなくなる条件です。.

限界状態は、最終的な限界状態として分類されます (ULS) または保守性限界状態 (SLS). ULSは、人の安全および/または構造物の安全に関心を持っています (例えば. 容量, 転覆, スライディング, 骨折). SLSは禁止された使用目的に関係しています, 人々の快適さ, と建設工事の外観 (例えば. ひび割れ, 変形).

次の最終的な制限状態を確認する必要があります:

  • EQU – 平衡の喪失.
  • STR – 構造物の内部故障.
  • GEO – 地面の破損または過度の変形.

この記事では、 SkyCivの 自動生成された荷重の組み合わせ機能は、ENで指定されている荷重の組み合わせの方程式を満たしています 1990:2002.

表A1.2(あ) – アクションの価値を設計する (EQU)(セットA)

次の仮定が行われます:

  • Gの変動性は低いk したがって、そのGk,sup, およびGk,inf 使用する必要はありません.
  • 永久負荷の単一ソースの原則は、EQUには適用されません. これは、負荷の組み合わせにより、いくつかの永続的なアクションが有利になることを意味します, と他の人は不利になる.
  • 可変アクションには、課せられた負荷が含まれます, 積雪荷重, 風荷重, と温度 (非火災) 負荷.
永続的なアクション (不利) 永続的なアクション (好ましい) 主要な可変アクション 付随する変数アクション
1.10Gk,j 0.90Gk,j 1.5Qk,1 (0 有利な場合) 1.5ψ0,私Qk,1 (0 好都合なとき)

SkyCivの実装

SkyCivの方程式 SkyCivのコメント
0.9G ULS: EQU (好ましい). すべて死んだ (G) 負荷タイプには 0.9 この負荷の組み合わせは特に “好ましい” 条件.
cGjG + 1.5QL + 1.5ψ0,1QS + 0.75QW + 0.9QT ULS: EQU (好意的/不利). 先行変数: 負荷QL. 永続的な負荷グループを次のように割り当てることができます “デッド: 不利” (要因あり 1.10) または “デッド: 好ましい” (要因あり 0.9) 負荷タイプ.
cGjG + 1.5QS + 1.5ψ0,1QL + 0.75QW + 0.9QT ULS: EQU (好意的/不利). 先行変数: 積雪量QS. 永続的な負荷グループを次のように割り当てることができます “デッド: 不利” (要因あり 1.10) または “デッド: 好ましい” (要因あり 0.9) 負荷タイプ.
cGjG + 1.5QW + 1.5ψ0,1QL + 1.5ψ0,1QS + 0.9QT ULS: EQU (好意的/不利). 先行変数: 風荷重QW. 永続的な負荷グループを次のように割り当てることができます “デッド: 不利” (要因あり 1.10) または “デッド: 好ましい” (要因あり 0.9) 負荷タイプ.
cGjG + 1.5QT + 1.5ψ0,1QL + 1.5ψ0,1QS + 0.75QW ULS: EQU (好意的/不利). 先行変数: 温度負荷QT. 永続的な負荷グループを次のように割り当てることができます “デッド: 不利” (要因あり 1.10) または “デッド: 好ましい” (要因あり 0.9) 負荷タイプ.

表A1.2(B) – アクションの価値を設計する (STR / GEO)(セットB)

次の仮定が行われます:

  • Gの変動性は低いk したがって、そのGk,sup およびGk,inf 使用する必要はありません.
  • この場合、永久荷重の単一ソース原理が適用されます. これは、永続的なアクションを伴う負荷の組み合わせがすべて同じ係数で乗算されることを意味します (不利または有利).
  • 財団は考慮されていません.
  • 可変アクションには、課せられた負荷が含まれます, 積雪荷重, 風荷重, と温度 (非火災) 負荷.
永続的なアクション (不利) 永続的なアクション (好ましい) 主要な可変アクション 付随する変数アクション
1.35Gk,j 1.00Gk,j 1.5Qk,1 (0 有利な場合) 1.5ψ0,私Qk,1 (0 好都合なとき)

SkyCivの実装

SkyCivの方程式 SkyCivのコメント
G ULS: STR (好ましい). すべて死んだ (G) 負荷タイプには 1.0 この負荷の組み合わせは特に “好ましい” 条件.
1.35G + 1.5QL + 1.5ψ0,1QS + 0.75QW + 0.9QT ULS: STR (不利). 先行変数: 負荷QL. として割り当てられているすべての負荷グループ “デッド” 負荷タイプが割り当てられます “不利な” 値 (1.35) 単一ソースの原則により、サブタイプに関係なく.
1.35G + 1.5QS + 1.5ψ0,1QL + 0.75QW + 0.9QT ULS: STR (不利). 先行変数: 積雪量QS. として割り当てられているすべての負荷グループ “デッド” 負荷タイプが割り当てられます “不利な” 値 (1.35) 単一ソースの原則により、サブタイプに関係なく.
1.35G + 1.5QW + 1.5ψ0,1QL + 1.5ψ0,1QS + 0.9QT ULS: STR (不利). 先行変数: 風荷重QW. として割り当てられているすべての負荷グループ “デッド” 負荷タイプが割り当てられます “不利な” 値 (1.35) 単一ソースの原則により、サブタイプに関係なく.
1.35G + 1.5QT + 1.5ψ0,1QL + 1.5ψ0,1QS + 0.75QW ULS: STR (不利). 先行変数: 温度負荷QT. として割り当てられているすべての負荷グループ “デッド” 負荷タイプが割り当てられます “不利な” 値 (1.35) 単一ソースの原則により、サブタイプに関係なく.

表A1.2(C) – アクションの価値を設計する (STR / GEO)(セットC)

次の仮定が行われます:

  • Gの変動性は低いk したがって、そのGk,sup およびGk,inf 使用する必要はありません.
  • 可変アクションには、課せられた負荷が含まれます, 積雪荷重, 風荷重, と温度 (非火災) 負荷.
永続的なアクション (不利) 永続的なアクション (好ましい) 主要な可変アクション 付随する変数アクション
1.00Gk,j 1.00Gk,j 1.3Qk,1 (0 有利な場合) 1.3ψ0,私Qk,1 (0 好都合なとき)

SkyCivの実装

SkyCivの方程式 SkyCivのコメント
G ULS: GEO (好ましい). すべて死んだ (G) 負荷タイプには 1.0 この負荷の組み合わせは特に “好ましい” 条件.
G + 1.3QL + 1.3ψ0,1QS + 0.65QW + 0.78QT ULS: GEO (不利). 先行変数: 負荷QL.
G + 1.3QS + 1.3ψ0,1QL + 0.65QW + 0.78QT ULS: GEO (不利). 先行変数: 積雪量QS.
G + 1.3QW + 1.3ψ0,1QL + 1.3ψ0,1QS + 0.78QT ULS: GEO (不利). 先行変数: 風荷重QW.
G + 1.3QT + 1.3ψ0,1QL + 1.3ψ0,1QS + 0.65QW ULS: GEO (不利). 先行変数: 温度負荷QT.

表A1.3 – アクションの偶発的および地震的組み合わせで使用するためのアクションの設計値

次の仮定が行われます:

  • Gの変動性は低いk したがって、そのGk,sup およびGk,inf 使用する必要はありません.
  • 可変アクションには、課せられた負荷が含まれます, 積雪荷重, 風荷重, と温度 (非火災) 負荷.
設計状況 永続的なアクション (不利) 永続的なアクション (好ましい) 偶発的または地震的行動を導く 付随する変数アクション (メイン) 付随する変数アクション (その他)
偶然 (Eq. 6.11a / b) 1.00Gk,j 1.00Gk,j d ψ1,1 またはψ2,1Qk,1 ψ2,私Qk,私
地震 (Eq. 6.12a / b) 1.00Gk,j 1.00Gk,j cえっ またはAエド ψ2,私Qk,私

SkyCivの実装

SkyCivの方程式 SkyCivのコメント
G + あ + ψ1QL + ψ2,1QS なので: ACC-a. 主な付随する可変アクション: 負荷QL
G + あ + ψ1QS + ψ2,1QL なので: ACC-a. 主な付随する可変アクション: 積雪量QS
G + あ + 0.2QW + ψ2,1QL + ψ2,1QS なので: ACC-a. 主な付随する可変アクション: 風荷重QW
G + あ + 0.5QT + ψ2,1QL + ψ2,1QS なので: ACC-a. 主な付随する可変アクション: 温度負荷QT
G + あ + ψ2,1QL + ψ2,1QS なので: ACC-b. 同等のメインおよびその他の可変アクション
G + E + ψ2,1QL + ψ2,1QS なので: BE.

表A1.4.1 – 保守性限界状態 – アクションの部分的要因

次の仮定が行われます:

  • Gの変動性は低いk したがって、そのGk,sup およびGk,inf 使用する必要はありません.
  • 可変アクションには、課せられた負荷が含まれます, 積雪荷重, 風荷重, と温度 (非火災) 負荷.
  • 保守性基準は、プロジェクトごとに指定し、クライアントと合意する必要があります.
  • 変形および振動の保守性基準は、使用目的に応じて定義する必要があります, 保守性要件に関連して, 支持構造部材に使用される材料とは無関係に.
組み合わせ 永続的なアクション 主要な可変アクション 付随する変数アクション
特性 Gk,j Qk,1 ψ0,私Qk,1
頻繁に Gk,j ψ1,1Qk,1 ψ2,私Qk,1
準永久 Gk,j ψ2,1Qk,1 ψ2,私Qk,私

SkyCivの実装

SkyCivの方程式 SkyCivのコメント
G + QL + ψ0,1QS + 0.5QW + 0.6QT SLS: 特性. 主要な可変アクション: 負荷QL
G + QS + ψ0,1QL + 0.5QW + 0.6QT SLS: 特性. 主要な可変アクション: 積雪量QS
G + QW + ψ0,1QL + ψ0,1QS + 0.6QT SLS: 特性. 主要な可変アクション: 風荷重QW
G + QT + ψ0,1QL + ψ0,1QS + 0.5QW SLS: 特性. 主要な可変アクション: 温度負荷QT
G + ψ1QL + ψ2,1QS SLS: 頻繁に. 主要な可変アクション: 負荷QL
G + ψ1QS + ψ2,1QL SLS: 頻繁に. 主要な可変アクション: 積雪量QS
G + 0.2QW + ψ2,1QL + ψ2,1QS SLS: 頻繁に. 主要な可変アクション: 風荷重QW
G + 0.5QT + ψ2,1QL + ψ2,1QS SLS: 頻繁に. 主要な可変アクション: 温度負荷QT
G + ψ2,1QL + ψ2,1QS SLS: 準永久.
この記事は役に立ちましたか?
はい 番号

どのように我々は助けることができます?

トップへ戻る